幼犬期、成長期のわんちゃんに・・・
1
成長期における食事管理はとても大事です。そのため成長段階にあわせたフードの切り替えが必要になります。 仔犬はたった1年前後で人間と同じ20歳になります。急速な成長を迎える1年間だからこそ、特に栄養管理には 気をつけなければなりません。わんちゃんの成長にあったフード選び、『丈夫なからだ』『太りにくい体質』に育ててあげましょう。


うんちの状態や毛づや が気になるわんちゃんに・・・
 
2
わんちゃんに適した栄養バランス(厳選された良質なタンパク質)と 消化性に優れたフードを選んであげましょう。 COO&RIKUがオススメするフードなら、便の状態も、毛並みも健康な状態を維持できます。


アレルギーが心配 なわんちゃんに・・・
3
アレルギー反応を起こす原因はタンパク質にあり、タンパク質の消化に 時間がかかると反応は大きくなります。 オススメするフードは、消化性の高いタンパク源を厳選し、その中から さらに最もアレルギーを起こしにくい原材料を使っているので、デリケート なわんちゃんにも安心してお選びいただけます。


太り気味 のわんちゃんに・・・
 
4
わんちゃんが太ってしまうのは、主に高カロリーな食事が原因です。 カロリーを抑えるために、炭水化物を減らし良質なタンパク質を多くしています。 さらに、L-カルニチンを加えることで脂肪の燃焼をサポートしているので、肥満の予防になります。 また、肥満が引き起こす二次的な病気(糖尿病など)を考慮したものになっています。


高齢 のわんちゃん、ねこちゃんに・・・
5
わんちゃん、ねこちゃんにはいつまでも健康でいてほしいものです。 年をとると体力だけでなく、内蔵(肝臓・腎臓・心臓・etc)の働きも衰えてきます。 からだに負担をかけず、食べることで健康をサポートしていくフードをお選びください。